リフォーム

英松建設のリフォーム

アパート経営での空室増加は、オーナー様にとって最大の悩みといえます。 入居率が低下し、家賃収入の安定がなければアパート経営自体が続かなくなってしまいます。 そこで、空室対策の一つとしてリノベーションがあります。 お部屋の価値を高め周辺のライバル物件より魅力的なお部屋にするリノベーションは、多くのオーナー様が実践しています。
そこで、サイトをご覧くださった皆さまに、いま特に人気の高い8つのリフォームをご紹介いたします。

和室を洋室に変更し、オシャレな印象に!

和室は、入居を決まりにくくさせる要因の1つです。なぜなら、和室はベッドやテーブルといった重い家具が置きにくく、古臭い印象を与えてしまうため、畳をフローリングに変更し、使いやすく今どきにリフォームすることをおすすめします。
また、他と差別化したいという場合は、和室でも琉球畳に変更したり、天井・壁を洋室化し、おしゃれにすることで、若者からおしゃれ志向の方々にも人気の、居心地の良いつろぎ空間に変えることができます。

段差をなくして、バリアフリー対応物件に!

和室と洋室の境目や、廊下との境目など、歳を重ねると、ちょっとした段差につまづきやすくなります。DIYで段差を解消する方法もありますが、やはり全体的に床の高さをそろえたほうが過ごしやすく、見た目もキレイです。バリアフリーリフォームでは、床部分に下地材の合板を入れるなどして床の高さを調整し、部屋と部屋の境界をフラットに仕上げます。高齢の方はもちろん、妊娠中の方や赤ちゃん、ケガや病気の際も、ちょっとした段差が気になるもの。今のうちにぜひ検討をおすすめします。

あったら嬉しい収納スペースを大幅アップ

一般的にアパートの多くは、収納スペースが不足しがちなので、収納量を増やすことは他のアパートとの差別化になります。
収納のリフォームには、「壁面収納を設置する」「押入をクローゼットに変更する」、「玄関収納を広くする」等の対策があります。入居者の生活シーンをイメージして、「あったら便利」と思ってもらえる収納スペースを追加すれば、人気物件に変身!

ハイドアにすれば、部屋が広く見える

従来のドアは、ドアの周りを枠で囲み、ドア上部と天井の間に壁があるという構造になっているため、ドアの周りに枠があることで空間が区切られた印象になり、狭く見えます。
一方、ハイドアはドアの周りに枠がないため、空間が区切られているような印象もなく、すっきりとした印象に仕上がります。
また、従来のドアのように天井とドアの間に壁がないため、実際よりも天井が高く、部屋が広く見えるのもメリットです。

ドアをガラス張りにし、ホテル感アップ

浴室と脱衣所を繋ぐ仕切り部分を透明ガラスにすると、採光性が高まり浴室内に多くの光が届き、広く開放的な浴室にすることができます。また、透明なガラスは空間を広く見せる効果を持っており、採光性の向上も相まって、まるでホテルのような優雅な浴室となります。そのため、ガラス張り浴室は、奥まった暗い場所にしかお風呂が設けられなかったり、浴室窓が設けられなかったりしがちな狭小住宅や賃貸物件で多く採用されています。

安心安全のセキュリティー対策

オートロック・防犯カメラ・カメラ付きインターホン・防犯窓を取入れることで、女性や一人暮らしの方にも安心!空き巣や不審者の侵入の確立が低くなるためセキュリティ機能の高い物件になり、入居率アップに繋がります。

壁を取り、広々とした空間を演出

狭いために人気がない物件は、壁を取り壊すことで、広い部屋を実現したり、間取りを変えることができます。近年はとくにリビングを広くとり、キッチンやダイニングと一体となったリビングダイニングキッチン(LDK)へ変えるリノベーションが人気。壁を取り除くだけで、狭い部屋がカフェのような空間に早変わりし、若者から人気の物件へと早変わりします。

トイレをウォシュレットに変更

最近はホームセンターなどで個人でも取り付けられるタイプも販売していますが、ウォシュレットの取り付けは、絶対に施工業者に依頼することをおすすめします。施工時間は平均30分から1時間前後と短くて済むため、負担が少なくて済みます。
マンションやアパートなど、一気にリフォームする場合は、コスト的にも大幅にお安くできるため、大変お得です。

がっさんのひとり言